So-net無料ブログ作成

循環器疾患などを対象とした創薬研究に [心臓病]

循環器疾患などを対象とした創薬研究に、12誘導心電図を用いる方法をご提案します、
ネットとICTを用いた画期的な方法です、院内はもちろん、院外の12誘導心電図は、
きちんとした従来の心電図電極を用いる方法はもちろん、新開発のワンタッチ電極や、シャツ式心電図電極を用いて、どんな場所でも、12誘導心電図が測定でき、そのまま、記憶でき、あるいは、サーバーへ転送でき、あるいは、登録者へ転送でき、記憶したい場合の選定も自由にできます、また、記憶された心電図を時系列に呼出すことも、特定の比較もできます、お問い合わせは、メディカルテクニカまで、

nice!(0) 
共通テーマ:健康

心臓病の最前線医療 [心臓病]

fujitahyoushis.jpgfujitakijim.jpg
nice!(0) 
共通テーマ:健康

心臓外科医天野先生 [心臓病]


nice!(0) 
共通テーマ:健康

日本救急医学会2012へ参加 [心臓病]

012.JPG
nice!(0) 
共通テーマ:健康

富士山 スマホ ワイヤレス12誘導心電図伝送システムのご発表 [心臓病]

心電図データをスマホで送信 県立総合病院が開発

救急時や遠隔地でも即診断  中日新聞平成24年1月12日付け朝刊
野々木宏医師

 静岡県立総合病院(静岡市葵区)は11日、心電図の測定データをスマートフォン(多機能携帯電話)を使って送信し、遠隔地でも心臓病を診断できるシステムを世界で初めて開発した、と発表した。
 これまで病院外で測定したデータを即時に送る手段がなく、心筋梗塞などの診断の遅れが命取りになるケースもあった。新システムは、医師が病院にいながら即時にデータを受信し診断することを可能にし、救急や在宅医療で威力を発揮しそうだ。
 システムは同病院の野々木宏院長代理(循環器)とハンガリーの医療機器メーカー「ラブテック」が共同開発。「富士山(ふじやま)」と名付けた。
富士山(ふじやま)」と名付けた。

 心電図測定には、同社が開発した文庫本サイズの小型心電計を利用。患者の体につないだ電極から得られた測定データは、心電計から現場の救急救命士らが持つスマートフォンやタブレット型多機能端末に無線転送され、スマートフォンなどを通じてサーバを介さず、病院の医師に直接メール送信される仕組み。
 これまでも携帯型の心電計はあったが、1種類の波形しか読み取れなかった。新たに開発された心電計は、既存の大型心電計と同様に12種類の波形を読み取ることができ、心筋梗塞や重症度の専門的診断も可能。患者を救急車で高速搬送する時でも、振動の影響を受けることなく正確なデータの読み取りや送信が可能だという。
 大型心電計は1台200万~300万円だったが、新開発の心電計は100万円程度と安価。野々木医師は「普及が進めば、さらに安価になる。災害時の救急現場のほか、医師不足の医療過疎地でも活用できる」と話している。



chunichi1.gif
chunichi2.gif
chunichi3.gif

nice!(1) 
共通テーマ:健康

福島の源発の責任 [心臓病]













nice!(0) 
共通テーマ:学校

ケアテイカ [心臓病]










nice!(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。